« ホリデイ | メイン | PSP Store »

設計書と仕様書

プログラミングファースト開発の必要性 - ひがやすを blog

システムエンジニア不要説 - masayangの日記(ピスト通勤他

↑この辺のエントリを読んで思ったこと。

ちょっと前に、会社の中で議論したのが「設計書と仕様書は違うんじゃね?」という話。呼び名が違うから、そりゃ内容も違うんですけどね。

仕様書は、アプリケーションの仕様を定義するもの。アプリケーションの処理方式とか、コード値とか、或いはデータ取得の条件とか。のちのちメンテナンスフェーズで確実に必要になり、かつドキュメントとして残してあった方が良いもの(SIer的には顧客と合意しておくべきもの)は、仕様書というくくり。

設計書は、アプリケーションの製造段階でプログラマが主に参照するドキュメントという位置づけ。要件定義から参加していて、かつ少数精鋭で開発する場合は設計書なんて指針だけ書いてあれば、詳細なものは必要ないんじゃないかと思います。或いは、ホワイトボードのコピーとか、紙に書いたメモ書きとか、そんなのでもプログラマ間の意思疎通が図れれば、全部設計書と呼んで良いんじゃないかな。

ドキュメント作るときに、「仕様書」なのか「設計書」なのかを意識しないで作っていくと、のちのちメンテナンスしにくい、かつ読みにくい奇怪なものが出来上がることがあるので、注意が必要かな。