« jQuery plugin : color-utils.js リリース | メイン | Pythonの配列のスライス »

Seasar2によるスーパーアジャイルなWeb開発

仕事でSeasar2使うので、なんとなくじゃなくちゃんと理解しておこうと思い、購入。

S2Daoのところをメインに読もうと思ったんですが、Teedaのところが結構おもしろいですね。

これまでStrutsでいくつかアプリを作ってきたので、Viewをhtmlで記述できることのメリットは良く分かります。

これ使ったらほんとにさくさく作れそうだなぁと思いました。

ただ、気になったのが、id属性を使うというところ。

バックエンドのアプリや趣味で作るときは、画面デザインも自分でできるから良いのですが、フロントエンドになるとHTMLはまずデザイナさんが作る、なんてことが良くあります。

で、idでスタイルを設定されちゃうと、めんどくさい感じになるんじゃないかなぁ。

さらに、僕なんかはjQuery使ってJavaScriptのコードを組んじゃうので、同じくidを使って色々とやりたいわけで。

まあ、デザインも全部自分でやったら良いだけなんですけどね。

今度仕事でTeeda使うことがあったら、デザイン入る前にこの辺のことをちゃんとルール決めして、デザイナ・プログラマ間でちゃんと認識合わせるようにしよ。

Seasar2によるスーパーアジャイルなWeb開発 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
ひが やすを
技術評論社
売り上げランキング: 25948
おすすめ度の平均: 4.0
3 説明は丁寧だが…
5 Seasar初心者に超オススメの一冊