« 村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける | メイン | Google第7回ディベロッパー交流会&Hackathon »

あれはCGだったのか。

Beijing Olympic 2008 opening ceremony giant firework footprints 'faked' - Telegraph

北京オリンピック開会式で、足型の花火が打ち上げられ、だんだんと開会式場(鳥の巣)に近づいていくという演出がありましたが、あの花火は一番最後のもの以外すべてCGだったのだとか。

いやー、すごいね。すっかり騙されましたよ。テレビの前で「足型の花火が市内で次々とあがってるよ!すげー!」ってちょっとはしゃいじゃったからね。

なんかそこまでCGで演出できるなら、選手入場も全部CGで良いんじゃないかな。

だらだらと選手が入場したところで、最初に入場した人は2時間以上もまちぼうけを食らうわけだしね。

自分が高校のときの体育祭レベルでも、入場のときはだるかったからなー。全部CGにすればいいさ。

いっそ聖火リレーもCGだよ。最後飛んだおじさんも、あれもCGだったんじゃないかな。人間が飛ぶなんてあり得ないからね。ワイヤー見えてたけど。