メイン

「Google Reader」のアーカイブ

2008年5月 5日

Google Readerにnote機能追加!

これは便利!

おそらく今回も英語版のみの機能追加ですが、Google Readerでメモ機能を利用することができるようになりました。

Official Google Reader Blog: Share anything. Anytime. Anywhere.

英語版のGoogle Readerにすると、↓このような"Share with Note"ボタン(リンク)が、メニュー欄に追加されています。

クリックすると、フィードの内容と、メモ欄が表示されます。

メモ欄にコメントを書いてPOSTすると、フィードに対してメモを残すことができます。このとき、"add to shared items"にチェックを入れると、コメント付きで友達とフィードを共有することができます。

以前、会社の同僚とフィードの共有をしていると書きましたが、このフィードをどういう意図で共有したのか(「おもしろい」と思ったのか、「これをやってみたい」と思ったのかとか)をうまく伝える方法がないかなぁと思っていたところだったので、この機能追加はかなりうれしいですね。

コメントだけを共有することもできるみたいなので、工夫次第で色々と使えそうです。

日本版も早く対応してもらいたいなぁ

2007年9月 6日

Google Reader に待望の検索機能が!

本日Google Reader のバージョンアップがありまして、ついに念願の検索機能が付きました!

Official Google Reader Blog: "We found it!"

Google の代名詞である「検索」機能が今までなかったのが不思議なくらい。

これで、「Reader でフィードを確認しながら、タグやスターを付けて気になるエントリをチェック」して、その後ブログを書いたり、何か情報をひっぱりたいときに、そこから検索できちゃうわけです。

いやー、快適快適。

ただ、フィードの中身からのみの検索になるので、フィードで全文配信していないサイトはちょっと辛いかも。

その他のバージョンアップした点は(僕が気づいたところで)以下の通り。

・未読フィードの数が999までカウントアップされるようになった。1000を超えると1000+に。
(これまでは、99までカウントアップされ、100を超えると100+になってました。

・左のメニューをメニューとフィードエリアの間をクリックすることで消せるようになった。
(ショートカットキー「u」と同じ扱い)

ほんと嬉しいなー。

2007年1月13日

Google Readerの新機能 --- personalized trends

GoogleReaderのTOPページを「All Items」にしていたので気がつかなかったのですが、年明け早々に新機能が追加されていたようです。

左のメニューから「Home」を表示させると、New!という赤字の横に「trends」というリンクがあるので、それをクリックすると見ることができます。

GoogleReader042.jpg


"Trends"と名付けられたページには、以下のようになっています。

4つのエリアから構成されていて、それぞれ以下のようなことが書いてあります。


左上

登録しているフィードの数と、過去1ヶ月(30日)の間に読んだ記事の数、スターを付けた記事の数、共有した記事の数を表示しています。

僕の場合は以下のようになっていました。

From your 73 subscriptions, over the last 30 days you read 3,268 items, starred 125 items, and shared 31 items.


右上

GoogleReader044.jpg

日、時間、週ごとに、記事を読んだ数がまとめられています。(タブで切り替え)

これで、自分が何曜日のどの時間にどれくらいの記事を読んでいるのかが大体把握できます。


左下

GoogleReader045.jpg

フィードごとに、読んだ数、星を付けた数、共有している数が分かります。

自分がどういったたぐいのページ(フィード)に興味を持ったり、あるいは人に教えたりしているのかが分かります。


右下

GoogleReader046.jpg

各フィードごとに、一日あたりの更新数と、最後に更新されてからどらくらい時間が経っているのかが分かります。

これは、更新がないフィードを削除するときに使えそうです。


こういった分析系のデータって、改めて眺めてみるとおもしろいですね。フィードを読んでいる時間帯なんか、自分がどういう行動パターンになっているのかを把握することができますし。

ほかのRSSリーダにはなかなか見られないおもしろ機能が追加されました。

2006年10月 9日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第6回 --- タグで共有する情報を切り分ける

Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理
第4回 --- エントリの整理
第5回 --- エントリの共有


「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第6回は共有する情報をタグで切り分ける方法について。

タグによる共有情報の切り分け

第5回で、エントリの共有を「Shift」+「s」で簡単にする方法を書きましたが、複数のブログを書いていたり、友達やチーム毎に共有するエントリを変えたい場合は、以下のようにタグを利用して、共有情報を切り分けます。

まず、共有するためのタグの名前を決めます。
下の例では、志村けんさんのブログのエントリの中から選りすぐりのエントリを共有するという意味で、kenshareというタグを付けてます。

Shared items


タグを保存後、左下の「Manage subscriptions」をクリックします。

Shared items


表示される設定画面で、「Tags」タブをクリックします。

Shared items


すると、自分が利用しているタグの一覧が表示されます。
ここで、「public」なっているのが共有されているタグになります。
デフォルトでは「private」となっているので、先ほどの「kenshare」タグのRSSマークをクリックして「private」に切り替えます。

Shared items


RSSマークの横に「view items」、「email a link」、「add a clip to your site」が表示されます。
それぞれの意味は、以下の通りです。

view items : このタグが設定されているエントリの一覧を表示
email a link : この共有情報にアクセスするためのリンクをGmailで送信するためのポップアップウィンドウが開く
add a clip to your site : ブログに貼り付けるためのコードを取得するページを開く

友達やチームのメンバ同士で共有したい場合は「email a link」を、ブログに貼り付けて公開したい場合は「add a clip to your site」を選択しましょう。

Shared items


「add a clip to your site」を選択すると、以下のような画面が表示され、タイトルや色、表示件数、リンク先のサイト名を表示するかどうか、を設定することができます。
設定が終わったら、コードをコピーして、自分のサイトの好きな場所に貼りましょう。

Shared items


というわけで、このサイトのTOPページにも共有情報を表示するようにしました。

devtipsというタグで開発に使えると思ったtipsのページを、itnewsというタグで業界にに関連するようなニュースを共有していきます。

2006年10月 3日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第5回 --- エントリの共有

Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理
第4回 --- エントリの整理


「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第5回はエントリの共有についてです。

エントリの共有

一覧画面で「Shared」のマークをつけたエントリは、左のメニューの「Shared items」から確認できます。

Shared items


ここで、「They are available as a page at [URL] (and there's a feed too)」という表記の[URL]の部分のアドレスが、一般に公開されるあなたの共有エントリのページ(例:Chrisのページ)になります。
「Share」のマークをつけたエントリが、このページに表示されるようになります。
(※ただし、Lunascape3では表示が崩れてしまうようです)
また、そのURL横の「a feed」マークのアドレスは、この共有エントリのRSSフィードになります。

Shared items


使い方としては、数名のグループ、職場のグループで、気になったエントリ(ページ)を共有したいときに利用できます。
同様の機能を持つソーシャル・ブックマークとの使い分けポイントは、共有したいグループの大きさが一つの判断基準になると思います。
積極的にブックマークを投稿するユーザがたくさんいる場合(母集団の数が多い場合)は、ソーシャル・ブックマークがひとつのコミュニティとして機能しますし(はてなブックマークのように)、積極的なユーザが少ししかいない場合(母集団が少ない場合)は、情報を伝える手段としてこのGoogle Readerの共有機能を利用するとよいと思います。


また、下の「Put a clip on your site」という部分には、自分のホームページに共有エントリを貼り付けるためのコードが用意されています。
このコードを自分のサイトに貼り付けることで、自分の気になっている記事を発信することができます。

Shared items code


この共有機能は、以前のバージョンにもあったものですが、使い勝手はかなり向上しています。

外部のソーシャル・ブックマークサービスは人目が多すぎてちょっと、という方はこの機能を利用されることをオススメします。

2006年10月 2日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第4回 --- エントリの整理

Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理


「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第4回はエントリの整理についてです。

エントリの整理

まずはいつものように「All items」をクリック(「g」の後「a」押下)で、エントリの一覧を表示します。

エントリ一覧


各記事には以下のようなメニューが並んでいます。
それぞれの意味は以下の通りです。

エントリ毎のメニュー

Add star
星印をつけて、後で見つけやすくします。
マークを付けたエントリは左の「Stared item」をクリックすることで一覧を表示することができます。
ショートカット:「s」

Share
マークを付けると共有するエントリになります。
マークを付けたエントリは左の「Shared item」をクリックすることで確認することができます。
共有についての詳細は別途説明します。
ショートカット:shift + 「s」

Email
クリックするとGmailの送信画面がポップアップします。
メールには、エントリの冒頭部分とオリジナルのURL、Google ReaderのURLがデフォルトで入力されています。

Mark as read
既読/未読状態を表現します。
エントリにフォーカスを当てた時点で、このチェックボックスはONになります。
クリックすると、既読/未読を切り替えることができます。
チェックが入っている状態が「既読」で、入っていない状態が「未読」です。

Add tags
エントリにタグを付けて整理します。
タグは半角カンマで区切ることで複数指定できます。(例:talent,favarite,clip)
タグには簡易入力機能が実装されていて、既にタグとして登録されている言葉の候補を下に表示してくれます。
途中まで入力した状態でEnterを押下すると、その入力候補の文字が入力されます。
複数候補がある場合は「↑」「↓」キーで選択してEnter押下で入力されます。

入力補助機能


タグを付けると、左のメニューにタグが表示されます。
このタグをクリックすると、そのタグを付けたエントリの一覧が表示されます。


メニューバー


ソーシャル・ブックマークを利用されている方は必要ないかも知れませんが、そうではない方は閲覧と整理を別サービスにする必要がないので便利かも。

ちなみに僕は、ブログのネタになりそうなものに「ClipForBlog」というタグを付けています。

「あ、これ良いかも」と思ったらそのときに目印を付けておかないと、後でそのページに出会うことが難しくなる場合もあるので、一覧を「j」と「k」で閲覧して、気になったものは「s」で星印をつけ、あとで「Stared item」の中のエントリをタグ付けしたりして整理する、という流れがやりやすいかもしれません。


今回はここまで。次回は、「エントリの共有編」ということで。

2006年10月 1日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第3回 --- RSSフィード整理

Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧


「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第3回はRSSフィードの整理についてです。

RSSフィード整理

RSSフィードをがんがん登録していくと、左のバーにRSSフィードがずらずらと並んでしまいます。
これをまずはフォルダ(タグ)で整理してみます。

これが整理前の一覧です。
サンプルなので4つしかありませんが、実際はもっとたくさん登録されているはず、ですよね?

整理前の一覧


左のバー(一覧)最下部の「manage subscriptions」をクリックします。

manage subscription


すると、オレンジ色の画面で、登録されているフィードの一覧が表示されます。

subscription 整理画面


ここで、個々の行の右側にある「add to folder」をクリックします。
するとプルダウンで「create new folder」というメニューが表示されます。

add folder 1


「create new folder」を選択すると、さらにプルダウンが表示されます。
ここに作成したいフォルダの名前を入力します。
(※2006/10/1時点では日本語に対応していません)
例では、芸能人のブログと言うことで「talent」というフォルダを作成しています。

add folder 2


フォルダの名前を入力後、「save」をクリックすると、プルダウンメニューの下にグレーの文字で「talent」と表示されます。

add folder 3


これで「talent」フォルダが作成されたので、他のブログの「add to folder」をクリックすると、「create new folder」の前に、作成したフォルダの一覧が表示されます。
ここで、この中から該当するフォルダ名をクリックすると、そのフォルダに登録することができます。

add folder 4


また、一つのRSSフィードを複数のフォルダに振り分けることも可能です。
フォルダ、と言いながら概念は「タグ」の概念になっています。
例では、「favarite」というフォルダを作成し、しょこたんブログを「favarite」と「talent」の2つのフォルダに登録しています。

add folder 5


TOPへ戻ってみましょう。
Settingの文字横の「back to Google Reader」をクリックしましょう。

back to top


先ほどのRSSフィード一覧がフォルダに分類されています。
しょこたんブログが2つのフォルダに入っていることも確認できます。

整理後の一覧 1


フォルダなので閉じることも可能です。

整理後の一覧 2


これでどんどん増えてくるRSSフィードを整理し、左のバーをすっきりすることができます。


今回はここまで。次回は、「エントリの整理編」ということで。

2006年9月30日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第2回 --- RSSフィード閲覧

Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録


「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第2回はRSSフィードの閲覧についてです。

RSSフィード閲覧

RSSフィードを登録している状態で、Google Readerのページを開くと下記のような画面になります。


ログイン後の画面


中央のエリアに、登録しているサイトの更新情報が表示されます。
このエリアから各ブログのタイトルをクリックしてもOKですが、更新されているサイトが多いと、ここから網羅的に確認するのは難しいです。


ログイン後の画面 詳細1


そういうときは、画面左上部のメニューで「All items」をクリックしましょう。
キーボードの「g」を押下した後「a」を押下するというショートカットも有効です。
ショートカットを利用する、というのはマウス中心のユーザにとって若干敷居が高いですが、操作が格段に楽になるので、是非覚えてみましょう。
ショートカットについては、また別途まとめます(英語であればGoogle Readerのトップページに書いてあります)。

ログイン後の画面 詳細2


「All items」を表示するとデフォルトでは「Expanded View」が表示されるようになっています。
これは各ブログのタイトルと内容が一覧で表示されるViewです。
キーボードの「↓」や「n」、「j」を押下することで、次の記事にフォーカスを移動することができます。

All items Expanded View


内容が全て表示されるのが嫌な方は、一覧右上のタブで切り替えることができます。
「Expanded View」が内容が全て表示されるView、「List View」がタイトルのみ表示されるViewになります。
ここで切り替えた内容は保存され、次回「All items」を閲覧したときには、最後に表示したタブの状態で表示されます。

Expanded List 切り替え


以下が、「List View」での表示になります。
タイトルだけ表示されるのですっきりした印象です。登録しているフィードが多く、タイトルだけで読み飛ばしたいものがたくさんある人はこちらのViewの方がおすすめです。

All items List View


「List View」で各行をクリック、或いはキーボードの「↓」や「n」、「j」を押下することで、一行ずつその記事の内容が表示されます。

All items List View 2


一覧の上部には以下のメニューが並んでいます。
それぞれの意味は以下の通り。

「show only new (show all)」
 :新着のみ表示します。(show only newのときは、show all 「全てを表示」が表示されます)

「Mark all as read」
 :全てを既読状態にします。

「Refresh」
 :新着記事を再取得して、Listを再表示します。


View Menu


僕のオススメの設定は、「List View」で「show only new」
タイトルだけチェックして読まなくても良いものは「Mark all as read」で既読状態にし、Listに表示されないようにします。


今回はここまで。次回は、「RSSフィード整理編」ということで。

2006年9月29日

Google Readarで始めるRSSリーダ 第1回 --- RSSフィード登録

本日、Google Readerのユーザインタフェースが大幅に改善されました。割に使いにくいと言う声が多かったGoogle Readerですが(僕は好きでしたけど)、これでより間口が広がったのではないかと。

というわけで、「Google Readarで始めるRSSリーダ」と題して、使い方や便利な点をまとめていこうかと思います。

「RSSリーダって何ぞや?」という方もまだ多いようですが、ものすごーく簡単に言うと「メール感覚でブログの記事が読める」というものです。いちいち各サイトを巡回して更新されたかどうかを確認しないで良い分、サイト巡回や情報収集の効率が格段にアップします。

「ほんまかいや?」と疑われる方は是非ともお試し下さい。僕の場合は、GoogleReaderを初めてから、「Yahoo!のトップページでなんとなくニュースを眺める」ということがほとんどなくなりました。

前置きはこれくらいにして、第1回目は「RSSフィード登録」編です。

ユーザ登録

まずは、Google Readerホームページへアクセスしましょう。

下記の画面で、Googleアカウントを持っている方は、上のユーザID/パスワード欄に入力してください。Googleアカウントを持っていない方は、その下の「Create an account now」のリンクからユーザ登録を行ってください。このページでは、Googleアカウントの作成方法については特に触れません。

Google Readerトップページ


RSSフィードの登録

ログインすると下記の画面が表示されます。
早速、RSSフィードを登録してみましょう。
VTR下の「Get started by adding subscription」か、もしくは左のバーの緑色の部分にある「Browse」をクリックしてください。

ログイン後最初の画面


下記の画面が表示されます。
練習として「真鍋かをり」さんのブログを登録してみます。

feedの検索


「Search and Browse」「keyword」欄に「真鍋かをり」と入力して、「Seach for feeds」をクリックします。

真鍋かをりでRSSフィードを検索


すると、検索結果の一覧が表示されます。

真鍋かをりでRSSフィードを検索した結果


一覧の中から目的のブログを見つけて、「+ Subscribe」をクリックすると登録完了です。

RSSフィードを登録


初回だけ、下図のようなメッセージウィンドウが表示されるので、「Dismiss the message」をクリックしてください。
これで登録は完了です。

真鍋かをりでfeedを登録した結果


もう一つの登録する方法も紹介しておきます。

各ブログのページからRSSフィードのURLをコピーします。
下の図では、「真鍋かをりのココだけの話」を例に挙げています。
ページ右下の「RSSを表示する」リンクの上で右クリック→「リンクURLをコピー」(FireFox)「ショートカットのコピー」(IE)を選択します。これでクリップボードにRSSフィードのアドレスがコピーされました。

真鍋かをりのココだけの話


再度Google Readerの画面で、左のバーの「+ Add subscription」をクリックします。すると、登録用のRSSフィード入力欄が表示されます。

subscribeから登録1


ここに、先ほどコピーしたURLをペースとして「Add」をクリックすればOK。

subscribeから登録2


これで「真鍋かをりのココだけの日記」の更新情報が分かり、各記事の出だしを読むことが出来ます。
RSSフィードによっては、記事内容の全てを配信しているところもあります。

登録後の画面


今回はここまで。次回は、「閲覧、RSSフィード整理編」ということで。


<参考記事>
ITmedia Biz.ID:Google、RSSリーダーをアップデート

でぃべろっぱーず・さいど http://dev.chrisryu.com/ 鹿児島出身子持ちSEのディベロッパーとしての一面 ja Copyright 2013 Mon, 05 May 2008 23:20:56 +0900 http://www.sixapart.com/movabletype/ http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss Google Readerにnote機能追加! これは便利!

おそらく今回も英語版のみの機能追加ですが、Google Readerでメモ機能を利用することができるようになりました。

Official Google Reader Blog: Share anything. Anytime. Anywhere.

英語版のGoogle Readerにすると、↓このような"Share with Note"ボタン(リンク)が、メニュー欄に追加されています。

クリックすると、フィードの内容と、メモ欄が表示されます。

メモ欄にコメントを書いてPOSTすると、フィードに対してメモを残すことができます。このとき、"add to shared items"にチェックを入れると、コメント付きで友達とフィードを共有することができます。

以前、会社の同僚とフィードの共有をしていると書きましたが、このフィードをどういう意図で共有したのか(「おもしろい」と思ったのか、「これをやってみたい」と思ったのかとか)をうまく伝える方法がないかなぁと思っていたところだったので、この機能追加はかなりうれしいですね。

コメントだけを共有することもできるみたいなので、工夫次第で色々と使えそうです。

日本版も早く対応してもらいたいなぁ

]]>
http://dev.chrisryu.com/2008/05/google_reader_add_note.html http://dev.chrisryu.com/2008/05/google_reader_add_note.html Google Reader Mon, 05 May 2008 23:20:56 +0900
Google Reader に待望の検索機能が! 本日Google Reader のバージョンアップがありまして、ついに念願の検索機能が付きました!

Official Google Reader Blog: "We found it!"

Google の代名詞である「検索」機能が今までなかったのが不思議なくらい。

これで、「Reader でフィードを確認しながら、タグやスターを付けて気になるエントリをチェック」して、その後ブログを書いたり、何か情報をひっぱりたいときに、そこから検索できちゃうわけです。

いやー、快適快適。

ただ、フィードの中身からのみの検索になるので、フィードで全文配信していないサイトはちょっと辛いかも。

その他のバージョンアップした点は(僕が気づいたところで)以下の通り。

・未読フィードの数が999までカウントアップされるようになった。1000を超えると1000+に。
(これまでは、99までカウントアップされ、100を超えると100+になってました。

・左のメニューをメニューとフィードエリアの間をクリックすることで消せるようになった。
(ショートカットキー「u」と同じ扱い)

ほんと嬉しいなー。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2007/09/google_reader_get_search_area.html http://dev.chrisryu.com/2007/09/google_reader_get_search_area.html Google Reader Thu, 06 Sep 2007 21:27:56 +0900
Google Readerの新機能 --- personalized trends GoogleReaderのTOPページを「All Items」にしていたので気がつかなかったのですが、年明け早々に新機能が追加されていたようです。

左のメニューから「Home」を表示させると、New!という赤字の横に「trends」というリンクがあるので、それをクリックすると見ることができます。

GoogleReader042.jpg


"Trends"と名付けられたページには、以下のようになっています。

4つのエリアから構成されていて、それぞれ以下のようなことが書いてあります。


左上

登録しているフィードの数と、過去1ヶ月(30日)の間に読んだ記事の数、スターを付けた記事の数、共有した記事の数を表示しています。

僕の場合は以下のようになっていました。

From your 73 subscriptions, over the last 30 days you read 3,268 items, starred 125 items, and shared 31 items.


右上

GoogleReader044.jpg

日、時間、週ごとに、記事を読んだ数がまとめられています。(タブで切り替え)

これで、自分が何曜日のどの時間にどれくらいの記事を読んでいるのかが大体把握できます。


左下

GoogleReader045.jpg

フィードごとに、読んだ数、星を付けた数、共有している数が分かります。

自分がどういったたぐいのページ(フィード)に興味を持ったり、あるいは人に教えたりしているのかが分かります。


右下

GoogleReader046.jpg

各フィードごとに、一日あたりの更新数と、最後に更新されてからどらくらい時間が経っているのかが分かります。

これは、更新がないフィードを削除するときに使えそうです。


こういった分析系のデータって、改めて眺めてみるとおもしろいですね。フィードを読んでいる時間帯なんか、自分がどういう行動パターンになっているのかを把握することができますし。

ほかのRSSリーダにはなかなか見られないおもしろ機能が追加されました。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2007/01/google_reader_---_personalized_trends.html http://dev.chrisryu.com/2007/01/google_reader_---_personalized_trends.html Google Reader Sat, 13 Jan 2007 13:19:01 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第6回 --- タグで共有する情報を切り分ける Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理
第4回 --- エントリの整理
第5回 --- エントリの共有

「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第6回は共有する情報をタグで切り分ける方法について。

タグによる共有情報の切り分け

第5回で、エントリの共有を「Shift」+「s」で簡単にする方法を書きましたが、複数のブログを書いていたり、友達やチーム毎に共有するエントリを変えたい場合は、以下のようにタグを利用して、共有情報を切り分けます。

まず、共有するためのタグの名前を決めます。
下の例では、志村けんさんのブログのエントリの中から選りすぐりのエントリを共有するという意味で、kenshareというタグを付けてます。

Shared items


タグを保存後、左下の「Manage subscriptions」をクリックします。

Shared items


表示される設定画面で、「Tags」タブをクリックします。

Shared items


すると、自分が利用しているタグの一覧が表示されます。
ここで、「public」なっているのが共有されているタグになります。
デフォルトでは「private」となっているので、先ほどの「kenshare」タグのRSSマークをクリックして「private」に切り替えます。

Shared items


RSSマークの横に「view items」、「email a link」、「add a clip to your site」が表示されます。
それぞれの意味は、以下の通りです。

view items : このタグが設定されているエントリの一覧を表示
email a link : この共有情報にアクセスするためのリンクをGmailで送信するためのポップアップウィンドウが開く
add a clip to your site : ブログに貼り付けるためのコードを取得するページを開く

友達やチームのメンバ同士で共有したい場合は「email a link」を、ブログに貼り付けて公開したい場合は「add a clip to your site」を選択しましょう。

Shared items


「add a clip to your site」を選択すると、以下のような画面が表示され、タイトルや色、表示件数、リンク先のサイト名を表示するかどうか、を設定することができます。
設定が終わったら、コードをコピーして、自分のサイトの好きな場所に貼りましょう。

Shared items


というわけで、このサイトのTOPページにも共有情報を表示するようにしました。

devtipsというタグで開発に使えると思ったtipsのページを、itnewsというタグで業界にに関連するようなニュースを共有していきます。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_---_.html http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_---_.html Google Reader Mon, 09 Oct 2006 22:37:07 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第5回 --- エントリの共有 Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理
第4回 --- エントリの整理

「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第5回はエントリの共有についてです。

エントリの共有

一覧画面で「Shared」のマークをつけたエントリは、左のメニューの「Shared items」から確認できます。

Shared items


ここで、「They are available as a page at [URL] (and there's a feed too)」という表記の[URL]の部分のアドレスが、一般に公開されるあなたの共有エントリのページ(例:Chrisのページ)になります。
「Share」のマークをつけたエントリが、このページに表示されるようになります。
(※ただし、Lunascape3では表示が崩れてしまうようです)
また、そのURL横の「a feed」マークのアドレスは、この共有エントリのRSSフィードになります。

Shared items


使い方としては、数名のグループ、職場のグループで、気になったエントリ(ページ)を共有したいときに利用できます。
同様の機能を持つソーシャル・ブックマークとの使い分けポイントは、共有したいグループの大きさが一つの判断基準になると思います。
積極的にブックマークを投稿するユーザがたくさんいる場合(母集団の数が多い場合)は、ソーシャル・ブックマークがひとつのコミュニティとして機能しますし(はてなブックマークのように)、積極的なユーザが少ししかいない場合(母集団が少ない場合)は、情報を伝える手段としてこのGoogle Readerの共有機能を利用するとよいと思います。


また、下の「Put a clip on your site」という部分には、自分のホームページに共有エントリを貼り付けるためのコードが用意されています。
このコードを自分のサイトに貼り付けることで、自分の気になっている記事を発信することができます。

Shared items code


この共有機能は、以前のバージョンにもあったものですが、使い勝手はかなり向上しています。

外部のソーシャル・ブックマークサービスは人目が多すぎてちょっと、という方はこの機能を利用されることをオススメします。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_1.html http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_1.html Google Reader Tue, 03 Oct 2006 22:07:52 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第4回 --- エントリの整理 Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧
第3回 --- RSSフィード整理

「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第4回はエントリの整理についてです。

エントリの整理

まずはいつものように「All items」をクリック(「g」の後「a」押下)で、エントリの一覧を表示します。

エントリ一覧


各記事には以下のようなメニューが並んでいます。
それぞれの意味は以下の通りです。

エントリ毎のメニュー

Add star
星印をつけて、後で見つけやすくします。
マークを付けたエントリは左の「Stared item」をクリックすることで一覧を表示することができます。
ショートカット:「s」

Share
マークを付けると共有するエントリになります。
マークを付けたエントリは左の「Shared item」をクリックすることで確認することができます。
共有についての詳細は別途説明します。
ショートカット:shift + 「s」

Email
クリックするとGmailの送信画面がポップアップします。
メールには、エントリの冒頭部分とオリジナルのURL、Google ReaderのURLがデフォルトで入力されています。

Mark as read
既読/未読状態を表現します。
エントリにフォーカスを当てた時点で、このチェックボックスはONになります。
クリックすると、既読/未読を切り替えることができます。
チェックが入っている状態が「既読」で、入っていない状態が「未読」です。

Add tags
エントリにタグを付けて整理します。
タグは半角カンマで区切ることで複数指定できます。(例:talent,favarite,clip)
タグには簡易入力機能が実装されていて、既にタグとして登録されている言葉の候補を下に表示してくれます。
途中まで入力した状態でEnterを押下すると、その入力候補の文字が入力されます。
複数候補がある場合は「↑」「↓」キーで選択してEnter押下で入力されます。

入力補助機能


タグを付けると、左のメニューにタグが表示されます。
このタグをクリックすると、そのタグを付けたエントリの一覧が表示されます。


メニューバー


ソーシャル・ブックマークを利用されている方は必要ないかも知れませんが、そうではない方は閲覧と整理を別サービスにする必要がないので便利かも。

ちなみに僕は、ブログのネタになりそうなものに「ClipForBlog」というタグを付けています。

「あ、これ良いかも」と思ったらそのときに目印を付けておかないと、後でそのページに出会うことが難しくなる場合もあるので、一覧を「j」と「k」で閲覧して、気になったものは「s」で星印をつけ、あとで「Stared item」の中のエントリをタグ付けしたりして整理する、という流れがやりやすいかもしれません。


今回はここまで。次回は、「エントリの共有編」ということで。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss.html http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss.html Google Reader Mon, 02 Oct 2006 22:07:08 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第3回 --- RSSフィード整理 Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録
第2回 --- RSSフィード閲覧

「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第3回はRSSフィードの整理についてです。

RSSフィード整理

RSSフィードをがんがん登録していくと、左のバーにRSSフィードがずらずらと並んでしまいます。
これをまずはフォルダ(タグ)で整理してみます。

これが整理前の一覧です。
サンプルなので4つしかありませんが、実際はもっとたくさん登録されているはず、ですよね?

整理前の一覧


左のバー(一覧)最下部の「manage subscriptions」をクリックします。

manage subscription


すると、オレンジ色の画面で、登録されているフィードの一覧が表示されます。

subscription 整理画面


ここで、個々の行の右側にある「add to folder」をクリックします。
するとプルダウンで「create new folder」というメニューが表示されます。

add folder 1


「create new folder」を選択すると、さらにプルダウンが表示されます。
ここに作成したいフォルダの名前を入力します。
(※2006/10/1時点では日本語に対応していません)
例では、芸能人のブログと言うことで「talent」というフォルダを作成しています。

add folder 2


フォルダの名前を入力後、「save」をクリックすると、プルダウンメニューの下にグレーの文字で「talent」と表示されます。

add folder 3


これで「talent」フォルダが作成されたので、他のブログの「add to folder」をクリックすると、「create new folder」の前に、作成したフォルダの一覧が表示されます。
ここで、この中から該当するフォルダ名をクリックすると、そのフォルダに登録することができます。

add folder 4


また、一つのRSSフィードを複数のフォルダに振り分けることも可能です。
フォルダ、と言いながら概念は「タグ」の概念になっています。
例では、「favarite」というフォルダを作成し、しょこたんブログを「favarite」と「talent」の2つのフォルダに登録しています。

add folder 5


TOPへ戻ってみましょう。
Settingの文字横の「back to Google Reader」をクリックしましょう。

back to top


先ほどのRSSフィード一覧がフォルダに分類されています。
しょこたんブログが2つのフォルダに入っていることも確認できます。

整理後の一覧 1


フォルダなので閉じることも可能です。

整理後の一覧 2


これでどんどん増えてくるRSSフィードを整理し、左のバーをすっきりすることができます。


今回はここまで。次回は、「エントリの整理編」ということで。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_---_rss.html http://dev.chrisryu.com/2006/10/google_readarrss_---_rss.html Google Reader Sun, 01 Oct 2006 21:00:33 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第2回 --- RSSフィード閲覧 Google Readarで始めるRSSリーダ
第1回 --- RSSフィード登録

「Google Readarで始めるRSSリーダ」、第2回はRSSフィードの閲覧についてです。

RSSフィード閲覧

RSSフィードを登録している状態で、Google Readerのページを開くと下記のような画面になります。


ログイン後の画面


中央のエリアに、登録しているサイトの更新情報が表示されます。
このエリアから各ブログのタイトルをクリックしてもOKですが、更新されているサイトが多いと、ここから網羅的に確認するのは難しいです。


ログイン後の画面 詳細1


そういうときは、画面左上部のメニューで「All items」をクリックしましょう。
キーボードの「g」を押下した後「a」を押下するというショートカットも有効です。
ショートカットを利用する、というのはマウス中心のユーザにとって若干敷居が高いですが、操作が格段に楽になるので、是非覚えてみましょう。
ショートカットについては、また別途まとめます(英語であればGoogle Readerのトップページに書いてあります)。

ログイン後の画面 詳細2


「All items」を表示するとデフォルトでは「Expanded View」が表示されるようになっています。
これは各ブログのタイトルと内容が一覧で表示されるViewです。
キーボードの「↓」や「n」、「j」を押下することで、次の記事にフォーカスを移動することができます。

All items Expanded View


内容が全て表示されるのが嫌な方は、一覧右上のタブで切り替えることができます。
「Expanded View」が内容が全て表示されるView、「List View」がタイトルのみ表示されるViewになります。
ここで切り替えた内容は保存され、次回「All items」を閲覧したときには、最後に表示したタブの状態で表示されます。

Expanded List 切り替え


以下が、「List View」での表示になります。
タイトルだけ表示されるのですっきりした印象です。登録しているフィードが多く、タイトルだけで読み飛ばしたいものがたくさんある人はこちらのViewの方がおすすめです。

All items List View


「List View」で各行をクリック、或いはキーボードの「↓」や「n」、「j」を押下することで、一行ずつその記事の内容が表示されます。

All items List View 2


一覧の上部には以下のメニューが並んでいます。
それぞれの意味は以下の通り。

「show only new (show all)」
 :新着のみ表示します。(show only newのときは、show all 「全てを表示」が表示されます)

「Mark all as read」
 :全てを既読状態にします。

「Refresh」
 :新着記事を再取得して、Listを再表示します。


View Menu


僕のオススメの設定は、「List View」で「show only new」
タイトルだけチェックして読まなくても良いものは「Mark all as read」で既読状態にし、Listに表示されないようにします。


今回はここまで。次回は、「RSSフィード整理編」ということで。

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/09/google_readarrss_rss_2.html http://dev.chrisryu.com/2006/09/google_readarrss_rss_2.html Google Reader Sat, 30 Sep 2006 23:34:46 +0900
Google Readarで始めるRSSリーダ 第1回 --- RSSフィード登録 本日、Google Readerのユーザインタフェースが大幅に改善されました。割に使いにくいと言う声が多かったGoogle Readerですが(僕は好きでしたけど)、これでより間口が広がったのではないかと。

というわけで、「Google Readarで始めるRSSリーダ」と題して、使い方や便利な点をまとめていこうかと思います。

「RSSリーダって何ぞや?」という方もまだ多いようですが、ものすごーく簡単に言うと「メール感覚でブログの記事が読める」というものです。いちいち各サイトを巡回して更新されたかどうかを確認しないで良い分、サイト巡回や情報収集の効率が格段にアップします。

「ほんまかいや?」と疑われる方は是非ともお試し下さい。僕の場合は、GoogleReaderを初めてから、「Yahoo!のトップページでなんとなくニュースを眺める」ということがほとんどなくなりました。

前置きはこれくらいにして、第1回目は「RSSフィード登録」編です。

ユーザ登録

まずは、Google Readerホームページへアクセスしましょう。

下記の画面で、Googleアカウントを持っている方は、上のユーザID/パスワード欄に入力してください。Googleアカウントを持っていない方は、その下の「Create an account now」のリンクからユーザ登録を行ってください。このページでは、Googleアカウントの作成方法については特に触れません。

Google Readerトップページ


RSSフィードの登録

ログインすると下記の画面が表示されます。
早速、RSSフィードを登録してみましょう。
VTR下の「Get started by adding subscription」か、もしくは左のバーの緑色の部分にある「Browse」をクリックしてください。

ログイン後最初の画面


下記の画面が表示されます。
練習として「真鍋かをり」さんのブログを登録してみます。

feedの検索


「Search and Browse」「keyword」欄に「真鍋かをり」と入力して、「Seach for feeds」をクリックします。

真鍋かをりでRSSフィードを検索


すると、検索結果の一覧が表示されます。

真鍋かをりでRSSフィードを検索した結果


一覧の中から目的のブログを見つけて、「+ Subscribe」をクリックすると登録完了です。

RSSフィードを登録


初回だけ、下図のようなメッセージウィンドウが表示されるので、「Dismiss the message」をクリックしてください。
これで登録は完了です。

真鍋かをりでfeedを登録した結果


もう一つの登録する方法も紹介しておきます。

各ブログのページからRSSフィードのURLをコピーします。
下の図では、「真鍋かをりのココだけの話」を例に挙げています。
ページ右下の「RSSを表示する」リンクの上で右クリック→「リンクURLをコピー」(FireFox)「ショートカットのコピー」(IE)を選択します。これでクリップボードにRSSフィードのアドレスがコピーされました。

真鍋かをりのココだけの話


再度Google Readerの画面で、左のバーの「+ Add subscription」をクリックします。すると、登録用のRSSフィード入力欄が表示されます。

subscribeから登録1


ここに、先ほどコピーしたURLをペースとして「Add」をクリックすればOK。

subscribeから登録2


これで「真鍋かをりのココだけの日記」の更新情報が分かり、各記事の出だしを読むことが出来ます。
RSSフィードによっては、記事内容の全てを配信しているところもあります。

登録後の画面


今回はここまで。次回は、「閲覧、RSSフィード整理編」ということで。


<参考記事>
ITmedia Biz.ID:Google、RSSリーダーをアップデート

]]>
http://dev.chrisryu.com/2006/09/google_readarrss_rss.html http://dev.chrisryu.com/2006/09/google_readarrss_rss.html Google Reader Fri, 29 Sep 2006 23:25:29 +0900
でぃべろっぱーず・さいど: アーカイブ

アーカイブ

/* Base Weblog (base-weblog.css) */ /* basic elements */ html { margin: 0; /* setting border: 0 hoses ie6 win window inner well border */ padding: 0; } body { margin: 0; /* setting border: 0 hoses ie5 win window inner well border */ padding: 0; font-family: verdana, 'trebuchet ms', sans-serif; font-size: 12px; } form { margin: 0; padding: 0; } a { text-decoration: underline; } a img { border: 0; } h1, h2, h3, h4, h5, h6 { font-weight: normal; } h1, h2, h3, h4, h5, h6, p, ol, ul, pre, blockquote { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } /* standard helper classes */ .clr { clear: both; overflow: hidden; width: 1px; height: 1px; margin: 0 -1px -1px 0; border: 0; padding: 0; font-size: 0; line-height: 0; } /* .pkg class wraps enclosing block element around inner floated elements */ .pkg:after { content: " "; display: block; visibility: hidden; clear: both; height: 0.1px; font-size: 0.1em; line-height: 0; } * html .pkg { display: inline-block; } /* no ie mac \*/ * html .pkg { height: 1%; } .pkg { display: block; } /* */ /* page layout */ body { text-align: center; } /* center on ie */ #container { position: relative; margin: 0 auto; /* center on everything else */ width: 720px; text-align: left; } #container-inner { position: static; width: auto; } #banner { position: relative; } #banner-inner { position: static; } #pagebody { position: relative; width: 100%; } #pagebody-inner { position: static; width: 100%; } #alpha, #beta, #gamma, #delta { display: inline; /* ie win bugfix */ position: relative; float: left; min-height: 1px; } #delta { float: right; } #alpha-inner, #beta-inner, #gamma-inner, #delta-inner { position: static; } /* banner user/photo */ .banner-user { float: left; overflow: hidden; width: 64px; margin: 0 15px 0 0; border: 0; padding: 0; text-align: center; } .banner-user-photo { display: block; margin: 0 0 2px 0; border: 0; padding: 0; background-position: center center; background-repeat: no-repeat; text-decoration: none !important; } .banner-user-photo img { width: 64px; height: auto; margin: 0; border: 0; padding: 0; } /* content */ .content-nav { margin: 10px; text-align: center; } .date-header, .entry-content { position: static; clear: both; } .entry, .trackbacks, .comments, .archive { position: static; overflow: hidden; clear: both; width: 100%; margin-bottom: 20px; } .entry-content, .trackbacks-info, .trackback-content, .comment-content, .comments-open-content, .comments-closed { clear: both; } .entry-excerpt, .entry-body, .entry-more-link, .entry-more { clear: both; } .entry-footer, .trackback-footer, .comment-footer, .comments-open-footer, .archive-content { clear: both; margin: 5px 10px 20px 10px; } .comments-open label { display: block; } #comment-author, #comment-email, #comment-url, #comment-text { width: 240px; } #comment-bake-cookie { margin-left: 0; vertical-align: middle; } .comments-open-header { clear: both; } #comment-post { font-weight: bold; } img.image-full { width: 100%; } .image-thumbnail { float: left; width: 115px; margin: 0 10px 10px 0; } .image-thumbnail img { width: 115px; height: 115px; margin: 0 0 2px 0; } /* modules */ .module { position: relative; overflow: hidden; width: 100%; } .module-content { position: relative; margin: 5px 10px 20px 10px; } .module-list, .archive-list { margin: 0; padding: 0; list-style: none; } .module-list-item { margin-top: 5px; margin-bottom: 5px; } .module-presence img { vertical-align: middle; } .module-powered .module-content { margin-bottom: 10px; } .module-photo .module-content { text-align: center; } .module-wishlist .module-content { text-align: center; } .module-calendar .module-content table { border-collapse: collapse; } .module-calendar .module-content th, .module-calendar .module-content td { width: 14%; text-align: center; } .typelist-thumbnailed { margin: 0 0 20px 0; } .typelist-thumbnailed .module-list-item { display: block; clear: both; margin: 0; } /* positioniseverything.net/easyclearing.html */ .typelist-thumbnailed .module-list-item:after { content: " "; display: block; visibility: hidden; clear: both; height: 0.1px; font-size: 0.1em; line-height: 0; } * html .typelist-thumbnailed .module-list-item { display: inline-block; } /* no ie mac \*/ * html .typelist-thumbnailed .module-list-item { height: 1%; } .typelist-thumbnailed .module-list-item { display: block; } /* */ .typelist-thumbnail { float: left; min-width: 60px; width: 60px; /* no ie mac \*/width: auto;/* */ margin: 0 5px 0 0; text-align: center; vertical-align: middle; } .typelist-thumbnail img { margin: 5px; } .module-galleries .typelist-thumbnail img { width: 50px; } .typelist-description { margin: 0; padding: 5px; } .module-featured-photo .module-content, .module-photo .module-content { margin: 0; } .module-featured-photo img { width: 100%; } .module-recent-photos { margin: 0 0 15px 0; } .module-recent-photos .module-content { margin: 0; } .module-recent-photos .module-list { display: block; height: 1%; margin: 0; border: 0; padding: 0; list-style: none; } /* positioniseverything.net/easyclearing.html */ .module-recent-photos .module-list:after { content: " "; display: block; visibility: hidden; clear: both; height: 0.1px; font-size: 0.1em; line-height: 0; } * html .module-recent-photos .module-list { display: inline-block; } /* no ie mac \*/ * html .module-recent-photos .module-list { height: 1%; } .module-recent-photos .module-list { display: block; } /* */ .module-recent-photos .module-list-item { display: block; float: left; /* ie win fix \*/ height: 1%; /**/ margin: 0; border: 0; padding: 0; } .module-recent-photos .module-list-item a { display: block; margin: 0; border: 0; padding: 0; } .module-recent-photos .module-list-item img { width: 60px; height: 60px; margin: 0; padding: 0; } /* mmt calendar */ .module-mmt-calendar { margin-bottom: 15px; } .module-mmt-calendar .module-content { margin: 0; } .module-mmt-calendar .module-header { margin: 0; } .module-mmt-calendar .module-header a { text-decoration: none; } .module-mmt-calendar table { width: 100%; } .module-mmt-calendar th { text-align: left; } .module-mmt-calendar td { width: 14%; height: 75px; text-align: left; vertical-align: top; } .day-photo { width: 54px; height: 54px; } .day-photo a { display: block; } .day-photo a img { width: 50px; height: 50px; } /* Vicksburg II (theme-vicksburg.css) */ /* basic page elements */ body { font-family: 'trebuchet ms', verdana, helvetica, arial, sans-serif; font-size: 12px; } a { color: #666666; text-decoration: underline; } a:hover { color: #66cc33; } #banner a { color: #fff; text-decoration: none; } #banner a:hover { color: #fff; } .module-content a { color: #666666; } .module-content a:hover { color: #66cc33; } h1, h2, h3, h4, h5, h6 { font-family: 'trebuchet ms', verdana, helvetica, arial, sans-serif; } .module-header, .trackbacks-header, .comments-header, .comments-open-header, .archive-header { color: #000000; font-family: 'Trebuchet MS', Verdana, sans-serif; font-size: x-small; border-bottom: 1px dashed #999999; text-align: left; font-weight: bold; text-transform: uppercase; padding: 3px; letter-spacing: .3em; } .module-header a, .module-header a:hover, .trackbacks-header a, .trackbacks-header a:hover, .comments-header a, .comments-header a:hover, .comments-open-header a, .comments-open-header a:hover .archive-header a, .archive-header a:hover { color: #fff; } .entry-more-link, .entry-footer, .comment-footer, .trackback-footer, .typelist-thumbnailed { font-size: 11px; } .commenter-profile img { vertical-align: middle; } /* page layout */ body { min-width: 720px; color: #333; background: #FFFFFF; } #container { width: 720px; margin-bottom: 20px; background: #fff; } #container-inner { border-width: 0 5px 5px 5px; border-style: solid; border-color: #FFFFFF; } #banner { width: 710px; /* necessary for ie win */ background: #66cc33; } #banner-inner { padding: 15px 13px; border-width: 0px 0px 0 0px; border-style: solid; border-color: #fff; } .banner-user { width: 70px; margin-top: 5px; font-size: 10px; } .banner-user-photo { border: 1px solid #fff; } #banner-header { margin: 0; color: #fff; font-size: 30px; font-weight: bold; line-height: 1; text-shadow: #666666 0 2px 3px; } #banner-description { margin-top: 5px; margin-bottom: 0; color: #fff; background: none; font-size: 12px; line-height: 1.125; text-shadow: #666666 0 1px 2px; } #alpha { margin: 15px 15px 0 15px; width: 480px; } #beta { width: 200px; background: #e6ecf2; } #gamma, #delta { width: 180px; background: #dddddd; } #beta-inner, #gamma-inner, #delta-inner { padding: 10px 10px 0 10px; border-width: 0px 0px 0px 0; border-style: solid; border-color: #fff; } .date-header { margin-top: 0; font-size: 11px; font-weight: bold; text-transform: uppercase; } .entry-header { margin-top: 0; border-left: 5px solid #66CC33; padding: 0 0 0 10px; color: #000000; font-size: 18px; font-weight: bold; } .entry-content, .comment-content, .trackback-content { margin: 0; line-height: 1.5; } .entry-tags { margin: 0 0 10px 10px; } .entry-tags-header, .entry-tags-list, .entry-tag { display: inline; } .entry-tags-list { list-style:none; padding: 0px; } .entry-footer, .comment-footer, .trackback-footer { margin: 0 0 20px 0; border-top: 1px solid #DDDDDD; padding-top: 3px; color: #666; font-size: 10px; text-align: right; } .comment-content, .trackback-content, .comment-footer, .trackback-footer { margin-left: 10px; } .content-nav { margin-top: 0; } #trackbacks-info { margin: 10px 0; border: 1px dashed #66cc33; padding: 0 10px; color: #292e33; font-size: 11px; text-align: center; background: #dddddd; } .comments-open-footer { margin: 10px 0; } /* modules */ .module { margin: 0 0 10px 0; border-bottom: 1px solid #f3f6f9; background: #DDDDDD; } .module-content { margin: 0 0 10px 0; padding: 10px 10px 0 10px; font-size: 10px; line-height: 1.2; } .module-search input { font-size: 10px; } .module-search #search { width: 100px; } .module-mmt-calendar .module-content table, .module-calendar .module-content table { font-size: 10px; } .module-powered { border-width: 0; } .module-powered .module-content { margin-bottom: 0; border: 1px dashed #66cc33; padding-bottom: 10px; color: #292e33; background: #fff; } .module-photo { background: none; } .module-photo img { border: solid 1px #fff; } .module-list { margin: 0 15px 10px 15px; list-style: disc; } .module-list .module-list { margin: 5px 0 0 0; padding-left: 15px; list-style: circle; } .module-list-item { margin-top: 0; color: #666; line-height: 1.2; } .typelist-thumbnailed .module-list { margin: 0 0 10px 0; list-style: none; } .typelist-thumbnailed .module-list-item { margin: 1px 0; padding: 0; background: #f3f6f9; } .typelist-thumbnail { background: #fff; } .module-photo img { border: 1px solid #fff; } .module-featured-photo { width: 398px; } .module-featured-photo .module-content { margin: 0; border-width: 0; padding: 0; } .module-featured-photo img { width: 398px; } .module-recent-photos .module-content { padding: 10px 0 0 19px; } .module-recent-photos .module-list { margin: 0; } .module-recent-photos .module-list-item { width: 64px; /* mac ie fix */ margin: 0 10px 10px 0; padding: 0; background: none; } .module-recent-photos .module-list-item a { border: #cfd4d9 1px solid; padding: 1px; background: #fff; } .module-recent-photos .module-list-item a:hover { border-color: #666666; background: #fff; } .module-tagcloud .module-list {text-align: center; } .module-tagcloud .module-list { list-style: none; } .module-tagcloud .module-list-item { display: inline; } .module-tagcloud li.taglevel1 { font-size: 19px; } .module-tagcloud li.taglevel2 { font-size: 17px; } .module-tagcloud li.taglevel3 { font-size: 15px; } .module-tagcloud li.taglevel4 { font-size: 13px; } .module-tagcloud li.taglevel5 { font-size: 11px; } .module-tagcloud li.taglevel6 { font-size: 9px; } /* calendar tweaks */ .layout-calendar #alpha { width: 260px; } .layout-calendar #beta { width: 420px; } .layout-calendar #gamma, .layout-calendar #delta { width: 190px; } .layout-calendar #gamma-inner, .layout-calendar #delta-inner { border: 0; padding: 0; } .module-mmt-calendar { width: 398px; } .module-mmt-calendar .module-content { margin: 0; border-width: 0; padding: 10px; } .module-mmt-calendar table { width: 378px; background: #66cc33; } .module-mmt-calendar th { color: #fff; border-top: 1px solid #fff; border-right: 1px solid #f3f6f9; border-bottom: 1px solid #cfd4d9; padding: 2px; text-align: right; font-weight: bold; } .module-mmt-calendar td { border-top: 1px solid #fff; border-right: 1px solid #f3f6f9; border-bottom: 1px solid #cfd4d9; padding: 2px; text-align: right; font-weight: normal; background: #dddddd; } th.weekday-7, td.day-7, td.day-14, td.day-21, td.day-28, td.day-35, td.day-42 { border-right: none; } .module-mmt-calendar td { height: 70px; } .day-photo { width: 49px; height: 49px; } .day-photo a { border: #cfd4d9 1px solid; padding: 1px; background: #fff; } .day-photo a:hover { border-color: #666666; background: #fff; } .day-photo a img { width: 45px; height: 45px; } /* artistic tweaks */ .layout-artistic #alpha { width: 260px; } .layout-artistic #beta { width: 420px; } .layout-artistic #gamma, .layout-artistic #delta { width: 190px; } .layout-artistic #gamma-inner, .layout-artistic #delta-inner { border: 0; padding: 0; } /* moblog1 tweaks */ .layout-moblog1 #alpha { margin: 0; width: 180px; background: #dddddd; } .layout-moblog1 #alpha-inner { padding: 10px 10px 0 10px; border-width: 0px 0 0px 0px; border-style: solid; border-color: #fff; } .layout-moblog1 #beta { margin: 15px 15px 0 15px; width: 320px; background: none; } .layout-moblog1 #beta-inner { padding: 0; border-width: 0; } .layout-moblog1 .module-recent-photos .module-content { padding: 10px 0 0 10px; } /* moblog2 tweaks */ .layout-moblog2 #alpha { margin: 0; width: 86px; background: #dddddd; } .layout-moblog2 #alpha-inner { padding: 10px 10px 0 10px; border-width: 0px 0 0px 0px; border-style: solid; border-color: #fff; } .layout-moblog2 #beta { margin: 15px 15px 0 15px; width: 260px; background: none; } .layout-moblog2 #beta-inner { padding: 0; border-width: 0; } .layout-moblog2 #delta { width: 154px; } .layout-moblog2 .module-recent-photos { border: 0; background: none; } .layout-moblog2 .module-recent-photos .module-content { padding: 0; border: 0; } .layout-moblog2 .module-recent-photos .module-list-item { margin: 0 0 10px 0; } /* timeline tweaks */ .layout-timeline #alpha { width: 260px; } .layout-timeline #beta { width: 420px; } .layout-timeline #gamma, .layout-timeline #delta { width: 190px; } .layout-timeline #gamma-inner, .layout-timeline #delta-inner { border: 0; padding: 0; } /* one-column tweaks */ .layout-one-column body { min-width: 520px; } .layout-one-column #container { width: 520px; } .layout-one-column #banner { width: 510px; } /* necessary for ie win */ /* two-column-left tweaks */ .layout-two-column-left #alpha { margin: 0; width: 200px; background: #dddddd; } .layout-two-column-left #alpha-inner { padding: 10px 10px 0 10px; border-width: 0px 0 0px 0px; border-style: solid; border-color: #fff; } .layout-two-column-left #beta { margin: 15px 15px 0 15px; width: 480px; background: none; } .layout-two-column-left #beta-inner { padding: 0; border-width: 0; } /* three-column tweaks */ .layout-three-column #alpha { margin: 0; width: 180px; background: #DDDDDD; } .layout-three-column #alpha-inner { padding: 10px 10px 0 10px; border-width: 0px 0 0px 0px; border-style: solid; border-color: #fff; } .layout-three-column #beta { margin: 15px 15px 0 15px; width: 320px; background: none; } .layout-three-column #beta-inner { padding: 0; border-width: 0; } /* * Preliminary styles added by Jay for Vicksburg II * for review by Luke/Walt and rest of team */ /* All or multiple templates Suppress underlines on linked entry titles */ .entry-header a { text-decoration: none; } /* Suppress the prev/next nav */ .content-nav { margin: 0px; display: none; } /* Search results templates */ .mt-search-results .search-results-header { border: 2px solid #669; background-color: #666666; color: #eee; padding: 5px; } .mt-search-results .search-results-container { margin-left:10px; } .mt-search-results form#search-form { width: 400px; margin: 0px auto 20px auto; } .mt-search-results form#search-form input#search { width: 80%; } .mt-search-results form#search-form p#search-options { text-align:center; } /* Entry tag display */ div.entry-tags { margin:0 0 10px 10px; } ul.entry-tags-list { list-style:none; padding: 0px; } h4.entry-tags-header, ul.entry-tags-list, li.entry-tag { display: inline; } /* Main index styles Suppress date header on main index */ .main-index .date-header { display: none; } /* Comment preview and individual entry Widen the comment form */ form textarea#comment-text { width:400px; } /* All archive templates Informational "where am I?" module at top of sidebar */ .module-welcome p { font-size: 12px; } .module-content p.first { margin-top:0px; } /* Date-based and category archives Archive title banner at top of page, below blog banner */ .master-archive-index #archive-title, .individual-entry-archive #archive-title, .date-based-archive #archive-title, .category-archive #archive-title { /* ie win (5, 5.5, 6) bugfix */ p\osition: relative; width: 100%; w\idth: auto; margin: 0; border-left: 10px solid #66cc33; padding: 5px; color: #fff; background: #666666; } /* Experimental comment styles Not currently in use anywhere in default templates For testing only... */ #comments-experimental .comment, #comments-experimental .comment .comment-inner { width:36em; } #comments-experimental .comment { padding: 0px; margin: 10px 15px; background-color:#eef; border:2px solid #bbb; } #comments-experimental .comment .comment-inner { position:relative; margin:-5px 0 0 -3px; background:#f3f3ff; border:1px solid #003; } #comments-experimental .comment:hover .comment-inner { border:1px solid #000; background-color: #fff; } #comments-experimental .comment a { text-decoration: none; border-bottom: 1px dotted #666666; } #comments-experimental .comment:hover a { color: #333; border-bottom: 1px solid #666; } #comments-experimental .comment .comment-footer, #comments-experimental .comment .comment-content { margin-right: 25px; margin-left: 25px; margin-bottom: 15px; } #comments-experimental .comment .comment-header { font-size: 16px; margin: 5px auto 5px 10px; text-shadow: #99A 2px 2px 1px #66F; color: #666; } #comments .comment-header { display: none; } #comments .comment-footer-experimental { display: none; } #comments-experimental .comment-footer { display: none; } でぃべろっぱーず・さいど: コメントの保留

コメントを受け付けました。

コメントを受け付けました。受け付けたコメントは、ブログの管理者の承認のため保留されています。

エントリーのページに戻る